ホーム > ブログ > ワードプレス > ワードプレス(WordPress)の7つのメリットと4つのデメリット

ワードプレス(WordPress)の7つのメリットと4つのデメリット

ワードプレス(WordPress)は個人から大企業までが使用しいる今一番人気なサイト作成ツールです。そのワードプレスを利用してブログやホームページを作成するメリットとデメリットをご紹介します。

ワードプレスのメリット

私が思うメリットは以下の7つです。

1.無料で使用できる

ワードプレスはオープンソースライセンスになっていて、ダウンロードすれば無料で使用できます。オープンソースライセンスとは、商用・非商用に関わらず誰でも入手して使用できるソフトウェアのことです。世界中の優秀なプログラマーが開発に参加していて、日々バージョンアップや不具合修正してくれています。無料でもたいへん優れたソフトウェアなので利用者も多いです。

2.直ぐ使うことができる

今は大抵のレンタルサーバーでワードプレスの「簡単インストール」機能が付いているので、細かな設定なしにインストールができるようになりました。インストールが完了したら直ぐに使用することができます。

3.デザインを変えることができる

ワードプレスにはサイトのデザインを変えることのできる「テーマ」と言うものがあります。インストール後はワードプレス標準のテーマになっていますが、いつでも変更することができます。
テーマには有料と無料のものがあります。無料のテーマでも優れたものは沢山あります。

4.更新作業が簡単

最初は戸惑うかもしれませんが、慣れてくると楽にブログの投稿やホームページの更新などができるようになります。作業はブラウザ上から行いますので、スマートフォンからでも更新作業ができます。

5.拡張性が高い

元々ワードプレスはブログ作成ツールですが、拡張性が高いゆえにホームページとして使用しているところも多いです。ワードプレスには「プラグイン」と言う拡張機能があり、インストールすることによりセキュリティー対策やメールフォームなど色々な機能を追加できます。

6.SEO対策に有利

ワードプレスはSEO対策に有利な内部構造になっています。
SEO対策のプラグインがあり、それをインストールしてちゃんと設定すればSEO対策に有利になると思います。

7.グーグルアドセンスの審査に有利

グーグルアドセンスは、自分のサイトにグーグルが提供する広告を掲載して、その広告がクリックされると収益が得られる仕組みのことです。
2016年から審査の仕様が変わりサブドメインやサブディレクトリで審査できなくなりました。サブドメインやサブディレクトリを使っている無料ブログから審査ができないのは痛いです。しかし独自ドメインのワードプレスならば審査できます。

無料ブログだと勝手に広告が貼られたりしますが、ワードプレスならばグールグアドセンス以外にも自由に好きな広告を掲載して、自分の収益にすることができます。

ワードプレスのデメリット

私が思うデメリットは以下の4つですが、本当のデメリットは1つだけです。

1.サーバーとドメインが必要

無料でブログやホームページを作れるサービスとは違い、ドメインの登録とサーバーをレンタルする必要がありますので、ドメインとサーバーの費用が必要になります。それとワードプレスは動的にページを作成しているのである程度早いサーバーが必要になります。
費用だけの面を見ればデメリットですが、ドメインを持つことはメリットでもあります。独自ドメイン+ワードプレスだと最初はアクセスも少ないけど記事を沢山書いて長く運営することによりだんだんと検索サイトからの評価も上がってきます。

2.サポートがない

ワードプレスは無料で提供されているので、何か問題が発生した時には自分で対処する必要があります。しかしワードプレスを使っている人も多いので、web上で検索すれば対処方法がわかると思います。どうしても心配な方はホームページ制作業者に依頼しても良いでしょう。

3.拡張性が高いゆえの弊害

便利だからと言ってプラグインを沢山インストールするとページの表示が遅くなります。プラグイン同士の相性もありますので、最悪の場合何も表示されなくなりますので注意が必要です。これが本当のデメリットです。プラグインの作者は他のプラグインのことまで考えて作成していません。どのようなプラグインがインストールされているかまで分からないのでこれは仕方ありません。

4.コメントスパムが多い

ワードプレスで運営していくと記事に訳のわからないコメント付きます。特に海外からのが多いです。いたずらや宣伝やフィッシング詐欺みたいなものなどがコメント欄に書かれます。これらはプログラムで自動的にやっているので一度に大量の数が来たりします。

ワードプレスでも初めからスパムフィルターの「Akismet」がインストールされています。しかし「Akismet」はユーザー登録が必要で、面倒なので私は使っていません。このサイトはコメント欄にチェックボックスを置き、チェックしないとコメントを受け付けないようにしています。コメントスパムを送るプログラムはコメント欄のチェックボックスを押せないみたいなので、迷惑なコメントスパムは来なくなりました。

レンタルサーバー会社によっては、大量のコメント制限機能や海外IPからのコメントを受け付けなくする機能もありますので、レンタルする前に調べてください。

まとめ

デメリットもありますが、それ以上にメリットの方が多いワードプレスです。これからブログやホームページを始めてみたい方や既にサイトをお持ちでリニューアルしたい方にはワードプレスがオススメです。
このサイトもワードプレスを使用しています。

コメントを残す